言語ゲーム

とあるエンジニアが嘘ばかり書く日記

Twitter: @propella (MF東京 8/3,4)

ド・モルガンの円盤

 

来る5月4日と5月5日にけいはんなMaker Faire Kyoto https://makezine.jp/event/mfk2019/ というイベントに出品する事にしました。一年以上作品制作のブランクが空いてしまっているので、リハビリとして簡単なやつを作りました。それがこの『ド・モルガンの円盤』。簡単なしくみで『ド・モルガンの法則』を表現する物です。

f:id:propella:20190331214734j:plain

1 AND 1 = 1, 0 OR 0 = 0

まず、1 AND 1 = 1 または 0 OR 0 = 0 を表す状態です。影で分かりづらいですが、AND の入力は円盤の上で、出力は左側。OR の入力は円盤の下で、出力は右側になります。

f:id:propella:20190331214758j:plain

1 AND 0 = 0, 0 OR 1 = 1

次に 1 AND 0 = 0 または 0 OR 1 = 1 を表す状態。

f:id:propella:20190331214822j:plain

0 AND 0 = 0, 1 OR 1 = 1

最後に 0 AND 0 = 0 または 1 OR 1 = 1 を表す状態です。

Maker Faire Kyoto 当日のために、現在同じ仕組みを使った全加算器を開発中です。図面上はだいたい出来てますが、ちゃんと動くかどうかまだ未知数です。今まで設計にはイラストレータを使ってましたが、今回に初めて Fusion 360 という CAD ソフトを使っています。物を組み上げる前に何となく立体イメージがつかめて便利ですが、なかなか慣れずに苦戦しています。

参考までに同様の過去作品はこちら:

propella.hatenablog.com