言語ゲーム

とあるエンジニアが嘘ばかり書く日記

Twitter: @propella (MF東京 8/3,4)

神様はどこにいるか?

こないだはてなブックマークアイスランドの噴火の記事が紹介されていて、http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1463820.html ぼくもすっかり魅了されてしまいました。人智を超えた美しさと恐ろしさは、まさに神々しいという言葉がぴったりじゃ無いでしょうか。遠くで見ている限りでは大変魅力的な噴火ですが、飛行機が飛ばなくて散々な目にあった方も大勢いらっしゃいますし、経済への影響も心配です。

噴火や地震豚インフルエンザのような伝染病など、昔からこのような天災は神の御業と恐れられていました。今でも当事者の人にとっては大事件ですが、今週のエコノミスト誌によると全体的な経済に与える天災の影響は驚く程小さいそうです (http://www.economist.com/business-finance/displaystory.cfm?story_id=15955520)。あの 9.11 事件でさえ(これは人災ですけど) 2001 年の第三四半期に 0.3% の影響しか現れなかったそうです。

その理由として、私たちの経済活動がとても柔軟で、何かが足りなくてもすぐに代わりを見つけてしまうからだという説が挙げられています。飛行機に乗れなくても車や電車で遊びに行けるし、電話やネットで会議をすれば、航空会社が破産しても他の企業が儲かるという理屈です。なんて恐ろしい経済。経済 -- わたしたち人間の欲望のカタマリ -- は火山の神様に勝るのです。

ぼくは経済が苦手なので最近本で勉強しているのですが、経済という物は擬人化して神様と考えると親しみやすくて良いと気がつきました。この神様は気まぐれで、人間の都合を考えずに怒ったり笑ったりします。ある程度馴染んで性格が分かって来たかと思うと突然態度を変えて、山の神より海の神よりよっぽど恐ろしい神様です。最近の日本の何事も上手く行かない経済政策を見ていると、意外と政治というのは何千年も昔から同じ神様を相手にしているのでは無いかとさえ思えて来ます。

話は変わって、外宇宙の文明を探す SETI というプロジェクトがあるのですが、最近探し方が変わって来たそうです。というのも SETI というのは、地球人みたいに毎日テレビを観ている宇宙人が漏らす電波を探そうというプロジェクトなのですが、ラジオを発明して百年やそこらの地球人でさえ最近は背景ノイズと区別しにくいデジタル信号を使っているのに、地球に届くぐらい凄い電波を使ってる宇宙人がアナログ放送みたいな分かりやすい電波を使っているわけが無いという事に気づいたからです。

対する新たなアプローチは、凄い宇宙人はエネルギーを効率的に得るために太陽全体を繭で包むぐらいの事はするだろう(ダイソン・スフィア)という仮定をして、そこから漏れてくる赤外線を拾おうという物です(http://www.economist.com/science-technology/displaystory.cfm?story_id=15905827)。なんかすごいですねー。

そんなすごい宇宙人はどんな種族なのでしょうか?SF 作家のバーナー・ビンジは『遠き神々の炎』の中で、コンピュータが一定の複雑度を超えると必然的に人智を超えた知性が生まれるという説を展開しています。その知性は悪魔のように殺戮を繰り返したり超越的な力で人間を助けるのですが、基本的に人間と対話が不可能で正義や悪の概念を持っていません。他に面白いのは、分かりにくい「人智を超えた知性」を表現するために銀河系を空間的に区切た点です。例えば我々現代人は The Slow Zone に住み、超光速航法を獲得した文明はその外側の The Beyond、さらに人智を超えた神様級は The Trancend に住むという具合に、まさに宗教的宇宙観を思わせる構成を取っています。ちなみに原題は A Fire Upon the Deep で、神様は出てきません。

コンピュータが進化して人智を超えるという説は大変魅力的ですが、すでにそういう知性体は地球にも宇宙にも存在していて、単にわたし達がその対話に気づいてないのかも知れません。たとえばぼくたちの体の個々の細胞が人間の存在を気にしないように、ぼくたちの一人一人が細胞で、経済活動自体が知性だったとしたら、そのメッセージを受け取る事は難しいでしょう。

わたし達は 20Hz から 20,000Hz の音を聴き、400nm から800nm の光を視る事が出来ます。しかし、宇宙人からの声が数年のスパンでやってくる波に載ってやって着たら、わたし達はそれに気づく事も答える事も出来ません。いや、もしかしたらすでに答えているのかも知れません。わたし達の経済は数年のスパンで好況と不況を繰り返していますが、いまだそれをコントロールする事が出来ません。もしも、わたし達にとっては神のいたずらに見えるそのサイクルが、実は宇宙知性への応答だとしたらどうでしょうか。わたし達は知らない間に経済活動の生み出すエネルギーの波によって、外宇宙に向かってメッセージを返しているのです。経済の生み出す超知性体 -- 神 -- にはモラルも罪もありません。日本の長引く低迷は宇宙人へのメッセージであり、総理大臣だけを攻めるのは酷でしょう。